So-net無料ブログ作成
検索選択

The TENTAI-Show [ゲームプレイ日記]

「The TENTAI-Show」(DS)

このゲームは、2010年度の任天堂ゲームセミナー受講生作品です。
5月10日までWiiのニンテンドーチャンネルなどからダウンロードして遊ぶことができます。

昨日まで配信されていた「プラネタリア」と同じ宇宙を舞台にした作品ですが、
比較的ゆったりとしていた「プラネタリア」と比べると、
こちらは、デザインもポップでスピード感があります。

惑星に飛来する隕石をブラックホールのパワーで吸い込んだり、
ホワイトホールから吐き出して攻撃しながら惑星を守りきればステージクリアです。
3ステージごとにボーナスステージのようなものがあって、
これまで守っていた惑星があった位置に砲台状の球体が現れ、
今までと同様に吸い込んで吐き出す操作で球体を破壊します。
吸い込むのは同じですが、
吐き出す方向が逆になるので、一瞬どうしたら良いのかわからなかったです。

全ステージクリア後にはスタッフロールが流れ、
更に隠されたステージが追加されます。
一応スタッフロールは見られましたが、
クリア後のステージは、私には難しすぎてその先を確認することはできませんでした。

各ステージの評価も最高Sランクまであるらしいのですけれど、
私はAランクの勲章をもらうのがやっとでした。
ブラックホールとホワイトホールの位置を一瞬で入れ替える操作や、
ブラックホールで隕石を吸い込むのは、なかなか楽しかったです。

タイトルは天体ショーですけど、
なにしろ隕石が次々と降って来るので、
天体ショーを楽しむという壮大な雰囲気とは程遠く、
とても忙しかった印象が残りました。


任天堂ゲームセミナー2010 受講生作品 The THNTAI-Show
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 2

コメント 2

どらお

ボーナスステージは自分も理解するのに時間がかかりました(汗)。
まさか逆に飛んでいくとは・・・。
すごく面白くなりそうな感じなのに
忙しさが印象に残ってしまう辺り、
ちょっと惜しかったですね。
by どらお (2011-05-20 20:51) 

setakemura

>どらおさん、
コメントありがとうございます。
吸ったり吐いたりが面白いので、
アクションが得意ならば、
きっと違った印象が残ったと思います。
着陸させなくてはいけない宇宙船も
隕石もろとも吸い込みまくりでした(笑)
by setakemura (2011-05-21 12:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1